一人ひとりの眼に合ったコンタクトレンズを!

眼に合わせる、という考え方

日本のコンタクトレンズ装用人口は、
1800万人にものぼると言われています。

では、装用されている方全員に、そのコンタクトレンズは合っているのでしょうか?私たちのコンタクトレンズ作りはこの発想から始まりました。

角膜の大きさや形は、人それぞれ。
しかし大量生産されるコンタクトレンズは限られた規格のものしかありません。

一人ひとり形が違う角膜に、限られた規格のレンズを合わせる。これでは「乾く」「ゴロゴロする」「痛い」「外れやすい」といったトラブルはなくなりません。
私たちは安全で快適なコンタクトレンズを提供しようと、研究・開発に着手しました。

一人ひとりに合わせてコンタクトレンズを作る

コンタクトレンズに眼を合わせるのではなく、その人の眼に合わせてコンタクトレンズを作るにはどうしたら良いのか?
私たちの挑戦はここから始まりました。

コンタクトレンズを個々の眼に合わせるには、角膜の周辺部分のデザインが重要だと考えましたが、創業した当時は角膜中心部2~3mm領域しか測定できる機器がありませんでした。
私たちは試行錯誤を繰り返した結果、1977年に世界で初めて、角膜全域を測定する機器(フォトケラトスコープ・PKS-1000)を開発しました。この機器で撮影した角膜全域の写真をコンピュータで解析し、工場で一枚一枚レンズを作製する方法をとりました。

フォトケラトスコープ・PKS-1000(1977年開発)

弊社の特長を動画でご覧ください

  • ずっとがんばるあなたの眼に
  • 強度の不正乱視でお悩みの方へ
  • 遠近両用をお考えの方へ
  • ハードコンタクトレンズ用酵素洗浄保存液 ケアマイルドモイスチャー
  • ケア用品販売ショップ
  • 取扱施設検索・お問合せ