会社組織図

情報企画本部

情報企画本部

眼下医療に携わるコメディカル、
スタッフの知識・技術向上に貢献。

コンタクトレンズユーザーや眼科医との相互コミュニケションの活性化で、安全・快適なコンタクトレンズの装用をサポート。ホームページやプレスリリースなどを活用した広報活動を通して、新商品や企業活動の情報発信を担当。また、ニュースレターの発行やメールマガジンの配信など社内外への学術情報の配信も行っています。コンタクトレンズに関わる様々なトラブル解決に役立つ知識・技術向上も目指しています。

総務部

総務部

経営の三大資源を担い、
社内環境づくりに励む“"輝く裏方”。

人事・総務・経理と、経営三大資源である「人・物・金」を担っているのが総務部です。アットホームな雰囲気の中にも緊張感を維持し会社全体像を見渡しながら社員にとって働きやすい環境づくりと効率の良い経営のための資料の作成・提案を行っています。総務部が担う仕事の範囲は多岐にわたる一方で、法律・政務など専門的知識も必要になるため、少数精鋭で一人ひとりが能力を発揮しています。

営業所

営業所

営業マンとしてスキルを磨き、すべての
お客様の満足となるサービスを徹底。

「社会への貢献」「安全快適な視力の提供」「ベストな製品づくり」という当社の企業理念を具現化する最前線の部署です。
コンタクトレンズなどの製品の販売はもちろんのこと、眼科医と共にコンタクトレンズユーザー様へのアフターサービスにも取り組んでいます。営業メンバーは全員、「知識」「技術」「技能」のレベルアップをめざして研鑽しています。より安全でより快適なコンタクトレンズを提供するため日々努力しています。

教育研修室

教育研修室

社員が自主的に志す、
「知識」「技術」「技能」のレベルアップ。

教育研修室では、外部教育研修として全国の医療施設にコンタクトレンズの知識はもちろんの事、「光学・屈折」まで幅広く行っています。
内部教育研修としては、安全なコンタクトレンズの提供から不可欠な独自のアフターサービス"レンズの調整"「レンズの切削・研磨」の技術向上をめざしています。
また、年2回の社内技術試験を実施し、高いレベルの維持、質の高いサービスの提供のため日々研鑽しています。

デザイン開発部

デザイン開発部

デザイン開発からフィッティングまで。
眼科医との共同研究も。

デザイン開発と臨床研究に分かれ、デザイン開発では装用者の安全、安心に応えるデザイン研究を行っています。ハードコンタクトレンズ初心者の異物感軽減、特殊角膜眼、遠近両用などに対する新しいデザイン開発。臨床研究では角膜の曲率半径や直径、非球面性に応じたフィッティング法の研究、それと同時に新しいデザイン開発の臨床研究も行っています。また、眼科医の先生方との共同研究にも積極的に取り組んでいます。

生産部

生産部

「モノ作り」の基本である製造、
検査の技術改良、品質確保と安全性の
向上にたゆまず努力。

薬事法に基づく「製造業許可」を持つ生産部は、QMS省令に準拠してコンタクトレンズ製造を中心にトータルな製造管理を厳格に行いながら、高い技術力を駆使してカスタムメイドなどの多様なニーズに対応しています。より快適かつ良好な視力の提供を実現するために、日々安定した品質の製品製造・出荷を行うことはもとより、製造、検査の方法や技術の改良、QMS運用に基づく品質確保と安全性の向上を目指しています。

システム開発部

システム開発部

画期的なテクノロジーをベースに、
眼科医療に役立つ測定機器や
ITシステムの開発。

一人ひとり異なる角膜(黒目)全体の形状を測定できる角膜形状解析装置を世界で初めて開発。約100万眼以上の角膜形状解析データを蓄積して、より精密な解析ができる新技術を研究しています。また、眼科医療に役立つ画像ファイリングシステム(Medinet)や眼全体の屈折度数測定・角膜トポグラフィ・コンタクトレンズ選択機能などを搭載した最新機種を開発。インフォームドコンセントに役立つコンタクトレンズ観察装置なども手がけています。

研究開発部

研究開発部

レンズと眼の組織の関わりを研究。
つねに疑問を抱くことが大切。

涙液・角膜・まぶたからなる眼のネットワークの諸問題に、化学、物理学、薬学、医学の観点から取り組んでいます。これまでにレンズ表面と角膜・結膜細胞表面、涙液との関わりを表面科学(界面化学)の視点で捉えることで、角膜上皮細胞にやさしいレンズ素材や、快適性の向上を目的とした酵素洗浄保存液、装着薬を開発。
また、産官学での共同研究や研究会を通じ、新しい製品開発にチャレンジしています。

カスタムメイドレンズについて

レンズが届くまで